リップル短期トレード

2018年5月30日から、GMOコインでアルトコインFXができるようになりました。

結論からいうと、DMM Bitcoinよりもスプレッドが狭く、GMOコインの方が有利です!(各銘柄のスプレッドは変動制です)

GMOコインでできるアルトコインFX銘柄

GMOコイン

取扱開始されたアルトコインの種類は4種類です。

  • イーサリアム/円(ETH/JPY)
  • ビットコインキャッシュ/円(BCH/JPY)
  • ライトコイン/円(LTC/JPY)
  • リップル/円(XRP/JPY)

人気のリップルがアルトコインFXできるので、需要は高そうです!(この4通貨はどれも人気でリップルに限った話ではありませんが…)

レバレッジは4倍

GMOコインレバレッジ

各種手数料はかからず、4倍のレバレッジで取引することができます。

GMOコインはスプレッドが狭い

アルトコインFXができる国内取引所として、DMM Bitcoinがありました。

アルトコインFXするならDMM Bitcoinと言われていて、今までは選択肢がなかったんですよね…。

DMM Bitcoinはスプレッドが広いというデメリットがあって、なかなかアルトコインの短期トレードで利益を出すことは難しいと思っていました。

DMM Bitcoinのスプレッドについてはこちらの記事でまとめています。

スプレッドにどれくらい違いがあるかなと思って、スクリーンショットを撮ったので載せておきます。

この記事を書いている途中で撮りました。感覚的にもう少し開きがあるかなぁと思います。

GMOコインのスプレッドは、XRP/JPYで2.2円

gmoスプレッド

DMM BitcoinのスプレッドはXRP/JPYで3.1円

DMMスプレッド

XRPでスプレッドに1円の違いがあるのであれば、安い方(GMOコイン)を使った方が良さそうですね!

さいごまで読んでいただき、ありがとうございます!

Twitterでフォローお願いします!

おすすめの記事