低リスクで始める仮想通貨投資

「ちかっぱすいとー拳」ブログ名の由来

ちかっぱすいとー

ちかっぱすいとー拳は世界を救うのでしょうか。どうも、まいく(@mikettblog)です。

「ちかっぱすいとー拳」というブログタイトルの由来、込めた想いについてです。

この内容に興味があって読み進める人はほとんどいないと思いますが、自分の気持ちの整理のために今書いておこうと思います。

ブログタイトルでリアクションをもらうと純粋に嬉しい

「ちかっぱすいとー拳」という意味不明なブログ名(?)で毎日更新させてもらっているのですが、先日、ブロガーのニシムラさんからTwitterでとても嬉しいツイートをいただきました。

まいく

九州出身の人にはわかるはず!

そう思ってつけたブログタイトルに対して、実際にリアクションをいただけるととても嬉しいです。

私は福岡県出身で「ちかっぱすいとー拳」は博多の方言をモジって命名しました。

「ちかっぱすいとー拳」ブログタイトルの由来

戦う写真2

ブログタイトルを決めるにあたり参考にさせていただいたのは、ブロガーあんちゃさん(@annin_book)のこの記事!

参考 まじまじぱーてぃーの名前の由来/キャッチーな言葉を作る方法まじまじぱーてぃー

「ちかっぱすいとー拳」にはめちゃめちゃ好きなことを酔拳のごとく発信していきたいという思いがこもっています。

ちかっぱすいとー拳の「すい」の部分を「酔」にして、【ちかっぱ酔とー拳】にするか迷いました…。が、これだと酒に酔った状態で発信しているのか?と思われそうだったのでやめました。

実際、酔拳とは酒を飲んで戦う拳法ではありません。

  • 「ちかっぱ」は博多弁で”めちゃめちゃ”とか”すごく”とか”とても”を意味する表現で”力いっぱい”の略です。
  • 「すいとー」は漢字に直すと「好いとー」となり、「好き」を意味する博多弁です。
  • 「拳」はもともと博多弁は語尾に「けん」をつける、ということに由来します。それに酔拳のごとく発信していきたいという意味を込めて漢字の「拳」にしました。

博多弁で告白するときに「好いとーよ。」っていうアレです。

酔拳(すいけん、Zui Quan 、Drunken boxing 、Drunken Fist)とは中国武術の一種。まるで酒に酔っ払ったかのような独特な動作が特徴的な拳種に冠せられた総称である。

実際は中国武術に「酔拳」という名称の門派(流派)は無く、「酔八仙拳」や「東海酔拳」「武松酔拳」「酔酒魯智深拳」「魯智深酔拳」「酔羅漢拳」「酔酒拳」「酔盃拳」など、中国の南北に多数の酔拳と称される拳があるだけである。中国武術の分類においては地功拳(地身尚拳)系や象形拳に分類され、地面の上を転げ回りながら戦うことに適し、また足場の悪い場所での戦いにも適すると言う。現在では、大会における表演武術としても知られている。有名な映画のコピー「酔えば酔うほど強くなる」はよく知られているが、実際にはフィクションのように酒を飲んで戦う拳法ではない。水滸伝の登場人物(花和尚魯智深など)が伝説上の始祖とされることもある。

(Wikipediaより)

「足場の悪い場所」での戦いにも適する酔拳のように、足場の悪い今でも戦っていくぞ!という意気込みで今日もかいてます。

「ちかっぱすいとー拳」が生まれるまで

ブログタイトルとして優れているかは別として、このタイトルがすぐに浮かんできたわけではありません。

僕がやってみたことを紹介します。

  1. 何を発信していきたいかをノートに書き出す
  2. 好きなことをノートに書き出す
  3. 書き出してみた文章を単語に区切ってみる
  4. それぞれの単語の同義語を並べる
  5. キャッチーな単語を組み合わせる
  6. 方言に置き換える
  7. 先輩ブロガーさんたちのブログタイトルに注目する

アナログですがノートに書きながら整理していくことで【ちかっぱすいとー拳】というブログ名が生まれました。

さいごに

本当のところ、ブログタイトルなんて何だっていいし自分が気に入っていればそれでいいと思うのです。

でも人に覚えてもらいたいし自分のブログ理念が一発で伝わる名前にしたい!と思うのは当然でしょ。

僕のブログ名はそれができなかったので今回は説明の意を込めて書きました。

まいく

足場の悪い今でも戦っていくブログが「ちかっぱすいとー拳」です!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください