低リスクで始める仮想通貨投資

【まもーる】話題の天然アミノ酸ALAを活用したリスク評価とは?

リスク評価

「まもーる」は世界を救うのでしょうか。こんにちは、まいく(@mikettblog)です。

今回は、僕がはじめたがん予防「まもーる」のリスク評価とはなにか?こういった疑問にこたえます。

前提として僕はこのようなことを思っています。

  • 日本人の死因第一位が「がん」なのにどうして対策をしないの?
  • がん予防に力を入れないのはなぜ・・?

がん予防をはじめた理由はこちらの記事で書いていますのでぜひ読んでみてください!

まもーる手軽にがん予防!【まもーる 】はじめてみたよ

日本のガン死亡率が高い理由


 

この動画からわかるがんのイメージや実態は以下のとおりです。

  • がんになったら治るのかわからなくて不安・怖い
  • 怖いと思いつつ、検診はめんどくさくて行かない
  • がん検査はどこに行っていいかわからない

日本のガン死亡率が高い理由は、単純に、予防する方法を知らないのが原因だと思います。

実際に、がんによる死亡者数や死亡率が年々増加している日本に対して、米国や欧州などの先進国は、年々減少する傾向にあるといわれています。

その理由のひとつに、そもそもがんは高齢者ほどかかりやすい病気だということが挙げられます。ご存知のとおり、日本は世界有数の長寿国。当然がんによる死亡率は高まりますよね。

しかし、米国や欧州などの先進国で、がん死亡率が上昇していないことを考えると、単に高齢化を理由にがん死亡率の増加を説明するには矛盾が生じます。

早期発見で生存率は高まる

全国がんセンター協議会加盟施設における5年生存率を表した資料です。

部位 ステージⅠ ステージⅡ ステージⅢ ステージⅣ
97.2% 65.7% 47.1% 7.2%
大腸 99% 90.8% 81.6% 18.1%
肝臓 57.3% 38.7% 15.5% 4%
82.9% 48.2% 22.1% 4.9%
99.9% 95.2% 79.5% 32.6%
子宮 92.3% 77.6% 57.8% 21.8%

これによると、ステージⅠでの早期発見で生存率が高いことがわかります。今やがんは、早期発見すればするほど治る病気なのです。

ALAを使った早期発見のためのリスク評価

話題の天然アミノ酸ALAを活用したリスク評価のことをNoah(Non-invasive onco-risk assessment for health)と呼びます。

簡単に言うと、まず自分の身体にがんのリスクがあるのかどうか調べてみましょうよ!といったことができるのが、まもーるのリスク評価と呼ばれるサービスです。

リスク評価
  • 高額な検査費用の負担を軽減
  • 時間がかかる検査が自宅でできる
  • 手間がかかる検査を簡潔に
  • がんの早期発見のサポートを目的としている

ALAを手術前に飲むと、がん細胞にポルフィリン代謝物が蓄積され、動画のようにがん細胞が赤く光ります。このようなALAの特性は外科手術で臨床応用されています。Noahは、がん細胞におけるALAの特殊反応を利用し、ポルフィリンを測定することでがんのリスクを評価しています。

つまり「リスク評価」とは、今まで高額な検査費用で受けられなかったがん検診を、手軽にしかも安く自宅で受けられる検査なんです。検査といっても、自宅で問診票を記入して尿を送るだけです。

さいごに

今回は、アミノレブリン酸ALAを活用した最先端技術のリスク評価を受けてがん予防をしましょう!といったお話でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。