低リスクで始める仮想通貨投資

手軽にがん予防!【まもーる】をはじめたきっかけと社会背景

まもーる

「まもーる」は世界を救うのでしょうか。どうも、まいく(@mikettblog)です。

プリベントメディカル株式会社が、2018年2月1日より開始した「がんドック受診サービス(まもーる)」に申し込みをしました。今回はその経緯と詳細をまとめます。

まいく

前回の記事、手軽にがん予防!まもーるはじめてみたよ!も読んでみてください

プリベントメディカル株式会社とは

プリベントメディカル

がんの早期発見ができる機会を誰もが平等に持てるインフラの提供を目指しているベンチャー企業です。

  • 商号:プリベントメディカル株式会社
  • 設立:2015年11月13日
  • 資本金:11億2,250万円(資本準備金含む)
  • 所在地:東京都中央区日本橋小舟町9−18エミネント人形町ビル4階
  • HP:https://preventme.co.jp
  • 子会社:プリベントサイエンス株式会社、プリベントメディカルパートナーズ株式会社

がん予防メディカルクラブ「まもーる」を開発した会社です。

がん予防「まもーる」を始めたきっかけ

プロフィールでも書きましたが、ぼくの周りには身内を含めがんで苦しんでいる人が多くいます。そのため、昔から「がん」=「怖い病気」という認識を強くもっていました。

でも、怖い病気という認識をもっていただけで「がん予防」には全く関心がなかったのです。

そんなときにプリベントメディカル株式会社の「まもーる」事業説明会に出席し、考え方は180度変わりました。

がんの死亡率が高いことは自明なのに予防対策しないのはおかしい!

今まで全く考えていなかった「がん」の対策ですが、事前に予防できるならやりましょうよ!という考え方に変わりました。

まいく

4人に1人が花粉症、2人に1人ががんで亡くなっている…。花粉症の予防はするのになぜ「がん予防」はしないの?

がんの社会背景を知った

  • 毎年約101万人が「がん」と診断されている(独立行政法人国立がん研究センター2016年7月発表)
  • 毎年約37万人が「がん」で亡くなっている(独立行政法人国立がん研究センター2015年資料より)
  • 死亡原因の29%が「がん」(独立行政法人国立がん研究センター2015年資料より)
  • 40代〜60代のがん患者数が急増中(国立がん研究センター情報サービスより)

今や医療技術が発達し世界でも先端医療機器が多い日本ですが、高齢化と共にがんによる死亡率が年々増加しているのはなぜでしょう?

それはがんを予防していないからです。先進国でがん死亡率が増えているのは日本だけなのです。

がんは早期発見できればできるほど、治療成績は優秀です。5年後生存率はステージⅣよりもステージⅠのほうが圧倒的に高いです!逆に、発見が遅くなるほど生存率が低下してしまう恐ろしい病気なのです。

がんが発見されるきっかけ、知ってますか?

がん発見のきっかけは、会社などで受けている年1回の健康診断だと思っていました。

この認識、実は違います…。自覚症状による自主的来院が63%を占めているんです。

  1. 定期健康診断
  2. がん検診・人間ドック
  3. 他疾患経過観察中
  4. 自覚症状による自主来院 出典:秋田大学医学部付属病院腫瘍情報センター資料

上記のがん発見のきっかけのうち1〜3までで37%、4番の自覚症状による自主来院で63%です。

つまりどこか身体に異変が起きてから病院に行き、結果、がんと診断されるケースが割合的に非常に多いことがわかります。

がんは、会社などで受けている年1回の健康診断ではあまり見つからないんです…。これを知ったときは驚きました。

がん予防・早期発見するには

がん発見

自覚症状がない健康なうちに予防するしかありません。

一次予防
生活習慣の改善があげられます。適正な食事を食べて運動不足を解消する。なるべくストレスを引き下げるなどして健康的な生活習慣づくりをおこない生活習慣病を予防します。
二次予防
早期発見・早期治療があげられます。がん検診などを定期的に受けて、がんを早期の段階で見つけることで治りやすくなります。

予防が大切とわかったところで、なかなかがん検診を受ける機会は多くありませんよね…?ちなみにぼくは一度も受けたことがありません。

気になって調べたところ、「胃がん・肺がん・大腸がん」の男性の検診受診率は4割程度です。そして、「乳がん・子宮頸がん」検診を含めた女性の検診受診率は3割〜4割です。

日本のがん検診の受診率は先進国の中で最低レベルでした。

その理由は、

  1. 時間がない
  2. 金銭的な問題
  3. 検査に伴う苦痛が不安

このようなことが挙げられると思います。

ぼく個人的には、時間がないというよりもがん検診を受けるという意識がまずないし、がんドックを受けられるほどの余裕資金がないのが原因かと思っています。

「まもーる」のリスク評価:Noah

がん検診を受けるという意識がなく時間もなかったぼくみたいな方にオススメなのがNoah検査です。

話題の天然アミノ酸ALAを活用したリスク評価のことをNoah(Non-invasive onco-riskassessment for health)と呼びます。

リスク評価【まもーる】話題の天然アミノ酸ALAを活用したリスク評価とは?

1回の採尿だけで全身のがんのリスク評価ができます。

こんなメリットがあります
  • 【簡単】尿を採取するだけなので、身体に負担がかからない
  • 尿検査なので必ずしも病院に行く必要がない
  • 近くにがん検診が受けられる病院がないひとでも受診できる
  • 時間がなくても受診できる
  • ほぼ全身の「がんリスク」対策ができる

さいごに

実際の検査資材や問診票などの【まもーる】体験レビューは下記の記事で紹介しています。

関連記事:尿検査でがん予防【まもーる】体験レビュー

まもーる尿検査でがん予防【まもーる】体験レビュー。健康意識が高まった話

さいごまで読んでいただき、ありがとうございます!

「まもーる」への申し込みは【コチラ】のページからおこなえます。