仮想通貨への投資は大損しそうで怖い…。2018年12月現在、仮想通貨の価格は下がり続けてるけど、みんなの大損体験談はどんな感じ?これから仮想通貨投資を始めるので、ぜひ参考にしたい!

この記事を書いている僕は、2017年7月から仮想通貨投資をおこなっています。

この記事では、仮想通貨で大損した体験談をまとめます。情報源は【ブログやTwitterで仮想通貨のことを発信している人】です。

僕も仮想通貨で損を出しているので、その体験談も書いていきます。

アルトコインで大損

僕は2017年からアルトコインを購入しています。気になる時価評価額は、2018年12月現在かなりマイナスになっています。

具体的にはペペキャッシュというzaifで購入できるアルトコインで大損しています。

21万円が3万円になっています。思考停止でガチホするしかないです。塩漬け状態ですね…。

zaifの自動積立で大損

2018年1月からザイフの自動積立機能を使って、イーサリアムを月に3万円積立しています。こちらも、アルトコイン同様、時価評価額はかなりマイナスになっています。

24万円が5.5万円程度になっています。

ビットバンクのリップル積立で大損

僕はビットバンクのスマホアプリを使って、毎月9千円でリップルを積立購入しています。

大損とまではいきませんが、時価評価額はマイナスになっています。

7万円が4.3万円程度になっています。

ICOに参加して大損

僕は4,000ドルでふたつのICOに参加しています。

具体的なICO名は伏せますが、1,000ドルがひとつ、3,000ドルがひとつといった配分で参加しています。

大損しているというか、現状売ることができません。

今のところ、48万円が電子ゴミになっています。

ここまでは全て僕の体験談です。全部足すとぴったり100万円でした。現状、100万円が十数万円になっています。大損ですね…。

僕と同じような仮想通貨で大損した体験談が他にないか、Twitterやブログで発信している人を対象に調べてみました。

リップル高値の時に買ってしまい大損

2017年末、リップル(XRP)の盛り上がりは凄かったです。この時に高値(250円とか)でリップルを購入して、現在は塩漬け状態・・・という人、結構いるんじゃないでしょうか。

取引所のロスカットがうまく発動せず大損

ビットコインFX(レバレッジをかけられる信用取引)で、取引所のロスカットがうまく発動せず大損を出してしまったケースです。

こちらはTwitterやテレビなどでも話題になっていましたね。おいしい思いをするときもある仮想通貨投資ですが、それ以上に危険も多く潜んでいますね。

参考:ビットコインFXの暴落で全資金を飛ばして追証(借金)となった経緯

ビットコインFXで大損

ビットコインFXの体験談をTwitterで検索してみました。

結構、生々しい体験談が出てきます。

仮想通貨で損失出したら終わりなの?

仮想通貨大損

仮想通貨で損失出したら終わりなの?

終わるわけではありません!損失を限りなく小さく抑える工夫が必要だと思っています。

本当に。

損失を出してしまったとしても、完全に終わりというわけではなく、なぜ損失を出してしまったのか?検証する必要があります。

諦めたらそこで試合終了だとはよく言いますが、本当にその通りです。損失を小さく抑えつつ利益を狙っていくにはどうするべきなのか。ここを考える必要があります。

僕が出した答えは、やはりドルコスト平均法、つまり積立買っていくことです。損失を出したとしても、それが毎月の生活に支障がない程度の金額であれば、人生が狂ったり、立ち直れないようになったりはしないと思うのです。

生活に支障がない程度の金額でありつつ、リターンを狙える金額はどのぐらいか。ここをしっかり考えて仮想通貨投資と向き合っていくつもりです。

さいごまで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローお願いします!

おすすめの記事