低リスクで始める仮想通貨投資

【仮想通貨】ビットコインの分裂騒動とは?

ビットコイン

ビットコインは世界を救うのでしょうか。どうも、まいく(@mikettblog)です。

2017年9月現在、中国のビットコイン取引所が取引停止するという発表を受け、大幅に値が下がっています。

含み損真っ只中です!

僕は仮想通貨を長期保有すると決めています。ですので、多少の値動きによる含み損はあまり気にならないのですが、やっぱり含み損が出てしまうと少し落ち込むし、チャートを気にする回数は増えますね。

今後も勉強しながら仮想通貨の可能性を信じていきたいと思います。

ビットコインの保有率は高くない??

先輩

ビットコインって知ってるか?最近よく聞くけどわからないよな。
そうですね。

まいく

とりあえず「そうですね」と答える僕。

ビットコインは知名度は高くなってきているけど、保有率はまだまだ高くないという印象を受けました。

保有率の詳しい数字はわかりませんが、おそらく10%程度(もしくはそれ以下?)ではないでしょうか。

勉強しながら投資(買い増し)していくには遅すぎないと思います。

実際の相場を見てみればわかりますが、当然のように不安定で(急騰・急落を繰り返している)、これから買い増していくタイミングはいくらでもあると思います。

極端に言うと、下がったら買う。僕はこれを意識しています。

ただし、急騰と急落を繰り返しているからこそ、投資は自己責任で行うべきですね。

ビットコイン分裂?

8月1日のビットコイン分裂騒動についてまとめていきます。

MEMO
仮想通貨って何?ビットコインってオイシイの??という仮想通貨に初めて興味を持った人はぜひ読んでみてください。

日本時間8月1日午後10時10分、新しいビットコインが誕生し、ビットコインは2つに割れた。新しいビットコインの名前はビットコインキャッシュ。これによりビットコインは従来のビットコインとビットコインキャッシュというふたつの通貨に分裂した。

そもそもビットコインとは、日本人(?)ナカモトサトシ氏と名乗る人物が論文を発表し、2009年に誕生しています。

ゼロからスタートしてまだ9年にも満たない浅い歴史のものが、今となってはビックカメラやユナイテッドアローズで決済ができるなど、日常生活に浸透した通貨へと成長しています。

ちなみに現在のCoincheck(コインチェック)での取引価格は、

ゼロからスタートしたものが、今は386,220円の価値を持っているということです。そんな世界で一番流通量の多い人気仮想通貨のビットコインがなぜ分裂したのか、その理由が非常に気になったので調べてみました。

ブロックチェーンの容量がビットコインは小さい。それにも関わらず取引量が急増したため取引に遅延が生じ始めた。送金や払い出しをするときに時間がかかりだしたのである。これは仮想通貨としては致命的欠陥だ。このままでは後発の仮想通貨にその地位を代わられてしまう。ということで、容量を大きくする改革をしようというのが今回の分裂のきっかけだ。

さらに、

新型のビットコインにすべきだという一派と、いやいや従来のビットコインで十分という一派に分かれて意見の集約ができない。そこで利用者のある団体が見切り発車で新しいビットコインをスタートさせたのだ。それがビットコインキャッシュ。

ということらしい。

ビットコインキャッシュの方が機能的に優れているのであれば、ビットコインよりもその価値は高そうだが、現在のところビットコインの方が価値は高い。

ビットコイン

2017年9月17日現在で、ビットコインキャッシュの取引価格は46,845円ですからね。

これは単純に面白いと思いました。分裂してもなおビットコインの方が支持されるということは今後も価値は高まっていきそうですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です