《資産が7分の1になった仮想通貨体験談》

仮想通貨取引所ビットフライヤー(bitFlyer)のメリット・デメリットを徹底解説

ビットフライヤーメリットデメリット

仮想通貨取引所ビットフライヤーを最近知ったからメリットとデメリットを教えて欲しい!

投資とブログで生きるフリーランスのぼくが、仮想通貨取引所ビットフライヤー(bitFlyer)のメリット・デメリットを解説します。

セキュリティを経営上の最優先課題としている取引所なので、取引所のセキュリティ面が気になるひとはぜひ参考にしてください!
この記事を読むとわかること
  • ビットフライヤー(bitFlyer)の取扱通貨と手数料
  • ビットフライヤー(bitFlyer)がオススメと言われている理由
  • ビットフライヤー(bitFlyer)のデメリット

ビットフライヤー(bitFlyer)で実際に取引をしたり、セキュリティについての取り組みを調べたうえで、たくさんある仮想通貨取引所の中でも特にオススメだと思ったので紹介しています。

仮想通貨投資をはじめてみたいけど、何をしたらいいかわからない!という人はこちらを参考にしてみてください。

ビットフライヤー(bitFlyer)って?

 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤーは国内初の仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)販売所・取引所として2014年4月にサービスが開始されました。

ビットコインをより多くの人に届けることを目指しており、ビットコインの取引量日本一の取引所として有名です。

最近ではテレビCMでもよく見かけるようになりました。

ビットフライヤー代表取締役である加納裕三氏は、2001年に東京大学大学院工学系研究科修了後、ゴールドマン・サックス証券にてエンジニアとしての経験をしたのち、2014年に株式会社 bitFlyer を共同設立しています。

ビットフライヤーの子会社であるbitFlyer USA, Inc.は、ニューヨーク州金融サービス局が制定したBitLicenseを取得しています。BitLicenseとは、ニューヨーク州在住者に対して仮想通貨交換業等を行うために必要なライセンスのことです。

これにより、2017年11月28日からニューヨーク州在住者に対して仮想通貨交換業者としてサービス展開も可能となっています。

ビットコインの取引量日本一のビットフライヤーを使う▷ビットフライヤー(bitFlyer)

ビットフライヤーの取り扱い通貨

ビットフライヤー取扱通過

取り扱い通貨はビットコインを含め7種類。(2018年4月現在)

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LISK)
2017年末はモナコインが急騰し、話題になりましたね!

モナコイン 仮想通貨のモナコイン(MONA)って?

2018年1月31日:追記

2018年1月31日に、LISK(リスク)がbitFlyer(ビットフライヤー)に追加されました。今後はLISK(リスク)の取引もできるようになります!

ビットフライヤーの各種手数料

ビットフライヤーの各種手数料

ビットフライヤーのメリット

安心のセキュリティ

ビットフライヤーは僕たちが安心してビットコインを取引できる環境を提供するために、使いやすさと強固なセキュリティが共存できるようさまざまなセキュリティ対策をおこなっています。

ログインパスワードの強度チェック

ログインパスワードには強力なものを設定するよう推奨してくれています。

  • パスワードは 9 文字以上、100 文字以下にしてください。
  • よく使われる文字列「1234、asdf、1980」などは 1 文字としてカウントします。
  • アルファベット小文字・アルファベット大文字・数字・記号のうち最低 2 種類をご使用ください。

アカウントロック機能

ビットフライヤーにログインする際に、一定回数以上正しくないパスワードを入力した場合、アカウントにロックがかかるようになっています。

パスワードはノートにメモするなりして忘れないようにしましょう!これも僕たちのアカウントを守るための機能ですね。

2段階承認

アカウントを開設したら必ず2段階承認をしましょう!30秒ごとに変わる6桁の数字(パスワード)でセキュリティを強固にすることができます。

認証システム

ビットフライヤーの株主は大企業ばかり

ビットフライヤーの株主

上の画像はビットフライヤーに出資している会社です。誰もが知っているような大企業ばかりですね。

大企業から資金を調達でき強固な資本体制を築いていることは、ビットフライヤーが良質な取引所であると言える可能性が高いです。

スマホアプリがシンプルで取引が簡単

スマホアプリの画面がとてもシンプルで簡単に取引がおこなえます。

いつでもビットコインの価格をチェックすることができるのでダウンロードをオススメします。

ビットフライヤーにアカウント登録していなくてもアプリをダウンロードすることができます!

スマホ画面はこんな感じ。見やすいです!

ビットフライヤースマホ画面
ビットフライヤー取扱通過

ビットコイン決済が可能

ビックカメラやマルイなどではビットフライヤーのウォレット口座でビットコイン決済ができます。価格上昇したビットコインで電化製品買ってみたいです!

また、10月31日に「ぐるなびpay」にビットコイン決済サービスが追加されるとの発表がありました。

ビットコイン決済 【ビットコイン決済】ビットフライヤーとぐるなびが連携

ビットフライヤーのデメリット

ビットフライヤースプレッド

ビットコイン販売所のスプレッドが大きいです。 ビットコインを購入するときと売却するときの価格差が大きいということです。

  • ビットコインを販売所で購入した場合:約198万円
  • ビットコインを販売所で売却した場合:約193万円

5万円の価格差があります。これではビットコインを購入してすぐにマイナスになります。。

スプレッドは状況と取引所によって異なりますので注意が必要です。 基本的には販売所で購入するのではなく、取引所での指値購入をオススメします。

ビットフライヤーのメリット・デメリットまとめ

ビットフライヤーメリットデメリット

  • セキュリティ面でとても安心できる
  • スマホアプリがシンプルで取引がかんたん
  • ビットコイン決済ができる
  • 販売所のスプレッド(買値と売値の価格差)が大きい

低リスクな仮想通貨の始め方で書いたとおり、ビットフライヤー(bitFlyer)は仮想通貨投資をはじめるなら開設しておくべき取引所です。

取り扱い通貨や取引所リスクの観点から、仮想通貨取引所は複数開設しておいたほうがいいです。

初心者におすすめの取引所

 

ビットフライヤーへの登録は公式サイトからおこなえます。

ビットフライヤーへの登録はこちら▷bitFlyer

ビットフライヤーの無料アカウント登録方法はこちらの記事で書いています。

仮想通貨取引所ビットフライヤー(bitFlyer)の無料アカウント登録方法

2018年4月27日現在のビットコインの価格は・・・

関連記事:仮想通貨リップル(XRP)を積立投資する方法と今後の将来性

リップル積立投資仮想通貨リップル(XRP)を積立投資する方法と今後の将来性

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。