《資産が7分の1になった仮想通貨体験談》

【書評】ビットコイン?ブロックチェーン?仮想通貨が60分でわかる本

ビットコイン日記

仮想通貨は世界を救うのでしょうか。どうも、まいく(@mikettblog)です。

ビットコイン日記を日々更新しています。この記事で9日目です。

60分でわかる!仮想通貨ビットコイン&ブロックチェーン最前線という本を読んだので、その感想を書きます。

こんな悩みを持つひとにオススメ

基本的には仮想通貨初心者のひとにおすすめです。

これからビットコインやブロックチェーン技術を勉強していこうと思っている人はぜひ読んでみてください。

こんな人におすすめ
  • 仮想通貨に関する本を一冊も読んだことがないひと
  • ビットコインのしくみを理解できていないひと
  • ビットコインの使いかたがわからないひと
  • ブロックチェーン?さっぱりわからないひと

読むと得られること

ビットコインとブロックチェーン技術の基本が大まかに理解できます。

正直なところ、ネットにある情報である程度まかなえる部分もありますが、一冊にまとまっているので素早く読めて知識を吸収することができます。

Chapter5(この本のさいごらへん)に、ビットコイン&ブロックチェーン最前線という項目があります。ここに関しては、読むよりもネット情報についていく方が理解は深まると思います。

仮想通貨界隈の情報の流れは早いですからね…。

読もうと思った理由

ぼくの場合ネットで情報を収集していたので、ツギハギの知識といいますか…自分の頭の中でまとまっていませんでした。それを一冊の本で整理したい!そう思って購入しました。

仮想通貨を勉強していると聞いたことがない言葉(単語)がよく出てくると思います。この本は、そんな聞いたことがないような専門用語を丁寧に説明してくれているのでそこは大変ありがたいです。

仮想通貨界隈の専門用語を勉強したかったのも、この本を読もうと思った理由のひとつです。ぼくはこの本で勉強しました。

概要・コンテンツ

コンテンツは5つに分かれていて、ビットコインの基本・しくみ・使い方が順序よく説明されています。詳細は以下のようになっています。

Chapter1
  1. ビットコインとは?
  2. ブロックチェーンとは?
  3. ビットコインとブロックチェーンの関係とは?
  4. ブロックチェーンの「ブロック」って何?
  5. インターネット登場以来の衝撃、ブロックチェーンの何がすごい?
  6. ブロックチェーンには管理者がいないってどういうこと?
  7. どうしてブロックチェーンでは不正や改ざんができない?
  8. 通貨と仮想通貨、何が違う?
  9. 電子マネーと仮想通貨、何が違う?
  10. なぜ、ビットコインは広まったのか?
  11. ビットコインの最大のメリットは?
  12. IT業界と金融を融合する「フィンテック」
  13. フィンテックをさらに高めるブロックチェーン
  14. 銀行がなくなる?ブロックチェーンによる制度の変革
  15. 金融以外にもブロックチェーンは使われている?
  16. 社会のしくみを変える?ブロックチェーンの広がり

Chapter1では、ビットコインとブロックチェーンの基本が説明されています。

Chapter2
  1. ビットコインが新規発行されるしくみ
  2. 採掘(マイニング)で行われる作業
  3. ビットコインは無限に新規発行できる?
  4. ビットコインを手に入れるには?
  5. ビットコインの通貨単位「BTC」「Satoshi」とは?
  6. 過去のビットコインの価格変動の動向
  7. ビットコインのリスクを知っておこう
  8. マウントゴックス事件とは?
  9. 香港取引所事件(ビットフィネックス事件)
  10. コイン詐欺が増えている?こんなコインに注意
  11. 仮想通貨法で変わる!ビットコインを取り巻く法整備
  12. 禁止、制限、容認・・・海外でのビットコイン法事情

Chapter2ではビットコインのしくみが説明されています。

Chapter3
  1. ビットコインを始めるには?
  2. ビットコインの利用に必須な専用ウォレット
  3. 絶対に他人に知られてはいけない「秘密鍵」
  4. ビットコイン取引所を選ぶときのポイント
  5. 主な取引所を知っておこう
  6. ビットコインを購入する
  7. ビットコインを保管する
  8. ビットコインで買い物をする
  9. ビットコインで海外のユーザーに送る
  10. ビットコイン所有時の注意点
  11. ビットコインを売却する
  12. ビットコインの価格を確認する
  13. ビットコイン購入、売却に税金はかかるのか

Chapter3ではビットコインの使い方が説明されています。実際にビットコインを扱ったことがない人はとても参考になると思います。

Chapter4
  1. みんなが使えて、みんなでチェックする台帳とは?
  2. 改変不可能?暗号技術を組み込んだシステム設計
  3. 「公開されているカギ」と「本人だけが使えるカギ」を使って取引
  4. 取引データは書き換えのできないよう特殊な処理が行われる
  5. 取引を正しい履歴順にするために行われていること
  6. 別々の場所にあるコンピュータで取引を検証、保存する共通ルール
  7. 取引チェックなどの協力者に報酬を与える「プルーフ・オブ・ワーク」
  8. 「本人だけ使えるカギ」を2つにして複数人管理&高セキュリティに
  9. 管理者がいるブロックチェーン「プライベートブロックチェーン」
  10. 何度も繰り返す少額決済に対応できる技術のしくみ
  11. ブロックチェーン自体の仕様を変更することはできない?
  12. ビットコインに最大の危機!ハードフォークが実現する?
  13. ブロックサイズを小さくできる?

Chapter4では、ブロックチェーンを支える技術が説明されています。

ビットコインやブロックチェーンを全く知らない方は少し難しいかもしれません。それでも図解付きでわかりやすいので安心して読むことができます。

Chapter5
  1. ビットコイン2.0とは?
  2. 行政のしくみも変えていくブロックチェーン
  3. スマートコントラクトが可能!イーサリアムとは?
  4. DAO(自律分散型組織)とは?
  5. The DAO事件の顛末とその意味
  6. デジタル通貨の発行も?各国中央銀行の取組
  7. MUFGコインとみずほマネーで金融業界が変わる?
  8. 地銀でも進む、ブロックチェーン技術の応用
  9. シェアリングエコノミーが変わる
  10. 「ハイパーレッジャープロジェクト」とは?
  11. ブロックチェーンはloTに何をもたらす?
  12. 音楽業界でも注目を浴びるブロックチェーン
  13. 個人間電力取引にブロックチェーンを利用
  14. 日本でも本格化!ブロックチェーン技術の応用研究
  15. 国内ブロックチェーン創業支援の最前線を知る

Chapter5ではビットコイン&ブロックチェーンの最前線の情報が説明されています。

さいごに

この本は、仮想通貨をこれから勉強していきたいと思っている方で、まだ仮想通貨に関わる本を一冊も読んでいないという人におすすめです。

基本知識から最新動向まで図解付きでやさしく説明してあるのでとてもわかりやすいです。

今までなんとなく仮想通貨を扱っていた人にとっては、復習とういう意味で大変勉強になります。

タイトルにある通り、本当に60分あれば読めてしまいます。

ちょっとした移動時間なんかに読んでみると仮想通貨の底力がアップするかも?!

 

仮想通貨とはあまり関係がないように思いますが、投資本としてはこちらの本もオススメです。

50万部ヒットのベストセラーなので知っている人が多いかもしれませんね^^

さいごまで読んでいただき、ありがとうございます。

▼ぼくは毎月9,000円を仮想通貨リップル(XRP)に積立投資しています。よかったらこちらの記事も参考にしてみてください!

関連記事:ビットバンクでリップル(XRP)積立投資!2018年6月も9千円分購入

リップル積立投資2018年6月 ビットバンクでリップル(XRP)積立投資!2018年6月も9千円分購入