「まもーる 」はじめました!

【ビットコイン決済】ビットフライヤーとぐるなびが連携

ビットコイン決済

ビットコイン決済は世界を救うのでしょうか。どうも、まいく(@mikettblog)です。

10月31日に「ぐるなびpay」にビットコイン決済サービスが追加されるとの発表がありました。

東京都内10店舗で実験的な取り組みをスタートさせるとのこと。

2018年春には全国展開が予定されています。

店舗側に与えられたQRコードを顧客のビットコインウォレットに導入されているカメラで読み取ることで決済を行う。また、ぐるなびは仮想通貨取引所「BitFlyer」と提携しており、店舗側は決済時のレートに則ってBitFlyerの口座にビットコインの入金が行われるシステムとなっている。

BitFlyerでしか決済できないというわけではありません。

私はcoincheckzaifにしか登録していないので、この機会にBitFlyer登録しておこうと思います。

2018年1月12日追記、ビットフライヤー(bitFlyer)のアカウント登録完了しました。

関連記事① ▷【仮想通貨取引所ビットフライヤー(bitFlyer)のメリット・デメリットを徹底解説

関連記事② ▷【仮想通貨取引所ビットフライヤー(bitFlyer)の無料アカウント作成方法

ビットコイン決済の問題点

それは送金スピードと手数料

今のところ手数料は数百円、送金時間は数分かかっており、瞬間決済としては使用しづらい。

送金スピードが遅いようだと普及はまだまだ先の話ですね。手数料とともに改善されたらビットコイン決済していこうと思っています。

リップル(XRP)とビットコイン(BTC)の決済スピードの違いはこちらで書いています。

リップル
仮想通貨のリップル(Ripple)って?

ビットコイン決済の普及でより一層キャッシュレス化が進み、ストレスなく支払いができる世の中になるともっと買い物が楽しくなると思います。

海外旅行時の支払いストレスもなくなりますね。ビットコイン決済は、外国人観光客を取り込んでいくためにももっともっと普及していってほしい。

ぐるなびへのビットコイン決済サービス提供のお知らせ

平成30年1月12日付で、ビットフライヤーからぐるなびへのビットコイン決済サービス提供のお知らせが発表されました。

参考:ぐるなびへのビットコイン決済サービス提供のお知らせ(平成30年1月12日)

最後まで読んでいただきありがとうございます!